美容整形の怖い後遺症は…

ヒアルロン酸の後遺症について

       

美容整形は自分の見た目を劇的に変える事が可能です。その結果、人生をより良い物にする事も出来るのですがメリットだけでは無くて、デメリットの方にも目を向けておく必要があるでしょう。このデメリットを理解しておく事で、より腕の良い医師に任せたいという気持ちになるかもしれません。 比較的、簡単に出来る施術の一つとしてプチ整形が挙げられます。このプチ整形の中にヒアルロン酸を利用したちょっとした整形手術があります。基本的にヒアルロンは人間の体の中に存在している物質ですから安全性の高い物です。しかしヒアルロン酸を注入する事によって後遺症が起こるケースもあるので、気を付けなければなりません。アレルギーを持っている場合、注射をした時にひどく腫れが出て来るケースもあるので注意する必要があるでしょう。特に長期に渡って続いた場合には、アレルギー反応が起きている可能性が高いので、すぐに施術を行った病院に相談をする必要があるでしょう。

     

手術の失敗によって起きる後遺症

       

美容整形手術の後遺症についてですが、手術の失敗によって生まれる後遺症もあります。二重まぶたの整形手術の場合、失敗するケースとして、ごくまれですが眼球が傷つけられるケースがあるので覚えていた方が良いでしょう。二重まぶたの施術は埋没法と切開法がありますが、この時に使用をするメス等で目が傷つけられるケースがあるのです。 メスだけでは無く、糸や針等でもダメージを受ける事があります。このリスクを考えておきましょう。ただ頻繁にある訳では無く、あくまで希少な例ではあります。ダメージを受けた場合、視力の低下等も考えなければなりません。さらに眉毛の下の部分を切開する施術の場合ですと、皮膚を切り取り過ぎてしまう事によって後遺症が起こる事があります。またの引きつれと呼ばれる物で、まぶたを閉じるのが困難になってしまうという後遺症です。このような後遺症にならないためにも、美容整形クリニックは実績と技術のある所を選ばなければなりません。